FC2ブログ

2005年プーケット家族旅行 8月24日(水)プーケット・プール三昧の一日 

2005年プーケット家族旅行 8月24日(水)

日程の半分が過ぎようとしているこの日も朝から良いお天気に恵まれました。

長女は前日、仲良くなったMさんのお嬢さんのYちゃんと朝一でプールで遊ぼう!と約束していたので大張り切りで7時半から起き出してきました。いつもは放っておけば9時、10時まで寝ているのに・・・。
買い置きのヨーグルトなど食べて早速プールへ。
私も一緒に水に入ってみましたがさすがに8時過ぎではまだ水も冷たく誰も泳いでいません。長女と二人でのんびり水に浮かんでいました。朝食を終えたYちゃんも、じきに合流して一緒に遊んでくれて、我が家の長女は大喜びです。

24日朝の空

時間が経つに連れてどんどん暑くなってきて絶好のプール日和といった感じになってきました。息子を連れて砂浜プールまで行き、そこで息子を遊ばせながら私はプールサイドカフェでカプチーノをオーダーしたりしてのんびりしました。この日もやはり午前中はプールはがらがら。息子は広い砂浜プールを独り占め状態で遊んでいました。

プールでおおはしゃぎ


 たっぷり午前中一杯、12時近くまでプールで遊んでから昼食へ。この日はまた違うビーチレストランに挑戦しようということで、ラグーナビーチリゾート前に建つ2軒のうちどちらかに行ってみようということになりました。さらに、長女が昨年キャンプラグーナという子供のツアーに参加した際にラグーナビーチリゾートのプールに入ったところ、とても楽しかった!と言うので午後はラグーナビーチリゾートで遊んでみることにしました。

 海岸沿いに歩いていくにはちょっと遠いので、シャトルバスでラグーナビーチリゾートのエントランスまで行き、海岸まで出ます。よく似た造りのレストランが2軒並んでいますがホテル側から見て手前のお店ではかわいらしいお姉さんがにこにこと手招き。奥のお店ではお兄さん二人がメニュー片手に客引き・・・とくれば、夫は「当然こっちに入っちゃうよなぁ」とお姉さんのお店へ。お店の名前は「ALOMA」でした。このお店は海岸から数段階段を上がるような造りで、そのため目線が海岸より高くなるのですがその数段の違いは結構劇的に大きく、席から見える景色は絶品でした。どういうわけかこのお店も我が家の他にはお客さんは一組。夜のバーとしての営業の方がメインなのか・・・?不思議です。
このお店でもトムヤムクン、トートマンクン(えびのすり身揚げ)、チャーハン、肉好きの長女は一人でステーキを堪能し、長男は長男で「めだまやき」が食べたいと言うのでオーダー。なんだかめちゃくちゃですがめいめい好きなものを食べられて満足でした。

ALOMAレストランからの眺めなぜかビーフステーキ


やはり値段設定は他のビーチレストランとほとんど変わらないようでした。一品80~100バーツで、ビールが小瓶一本50バーツといったところです。ステーキはさすがにちょっと高くて200バーツはしたと記憶しています。

 さて、子供達お待ちかねのプールです。ラグーナビーチリゾートはウォータースライダーがあったり、時間によってプールで誰でも参加できるゲームがあったりと全体的に子連れのゲストがメインターゲットという感じがします。

子供たち大集合のイベント


シェラトンのプールが閑散としているのに比べてこちらは空いているチェアを見つけるのが困難なほど賑わっています。ラグーナビーチリゾート以外の宿泊客がプールを利用する際はデイパス購入することになりますが、我が家の子供によれば、やはりウォータースライダーがあるこのプールはシェラトンよりずっと楽しいとか。

途中、プールの上にずらっと並んだ発泡スチロールの浮きの上を走って渡るというゲームが開催されたのに参加してみたり、何度も何度もスライダーを滑ったりと、おおはしゃぎで2時間以上楽しみました。その間夫はビーチでマッサージを受けたり、焼きとうもろこしを買い食いしたり満喫していました。

とうもろこし売りのお兄さん  
マッサーおばさん待機中


シェラトンのおばちゃんのマッサージも良いけど、ラグーナビーチリゾートのマッサージおばちゃんも上手い!と感心していました。 この日は夜までずっと快晴でプールで子供に付き添っていた私はすっかり日焼けしてしまいました。 この日はずっと仲良く遊んで頂いたMさんご一家とお別れの日。Mさんは翌日の早朝プーケットを離れます。そこで、最後に一緒に夕飯でも、ということになりました。買い物もしたかったので、アリに6時のお迎えを頼み、総勢8人がアリの車に乗り込んで出発です。Mさんもすっかりお気に入りとなったLOTUSと、さらにBIGCをはしご。ずっと欲しかったステンレスのお弁当箱を購入しました。

ステンレスのお弁当箱
  
帰りにラグーナ近くのローカルなレストランで、我が家のお気に入りの「Black CAT」に寄ってもらうことにしました。このお店は間口が小さいので車だとさっと通り過ぎてしまいそうですが奥行きは広くゆったりしています。
エアコンなしのオープンな造りなので、子連れでも気楽に入れる点が助かります。トイレなどもとても綺麗にしてあって安心できます。
このお店は数年前にラグーナ近くにお住まいの日本人の
方に教えてもらったお店ですが何を食べてもとってもおいしくて安いのです。
帰りはお店の車で送ってくれると言うのでアリとはここで別れました。このお店は欧米人のお客さんが多いせいか一品あたりの量がとても多いので、この日のように大人数で食事をするのにぴったりです。トムヤムクン、グリーンカレー、カニのカレー風味、大盛りのグリーンサラダ、あんかけ麺、ビール7本、子供達にスパゲティボロネーゼを3皿、最後には山盛りのカットしたすいか・・・などなど食べきれないほど
頼んでお会計はチップ含めて1800バーツ。8人でビールを飲みながらの食事でこの安さです。

BLACK CATの看板  ずらりと並んだ料理


楽しくわいわいとおしゃべりと食事を堪能してオーナー自ら運転してくれる車でホテルへ。この車が幌つきのピックアップトラックだったものですから、荷台に皆で並んで座って大喜び。ホテルに戻ってMさんご一家と別れを惜しんで、部屋に戻りました。

コメント

Black CAT

コメント有り難うございます。
ホテルの帰りの際、オーナーの送迎用ミニバンの後部席に乗って、このフランス人のオーナーと少し話しました。
店ができたのは11年前、奥さんはタイ人で、彼女のあだ名が猫(タイ語)から店の名前が決まったそうです。フランス料理を含め欧米料理は彼が担当し、他のコックに教え、タイ料理は奥さんが担当しているようです。全く違う料理を作るので、調理場も2つあると言っていました。
この店は地元の人の紹介で5年以上前から食べに行っていますが、味はレベルが高いし、値段は周りのレストランより安いし、言うことありません。ただしタイ料理の味は辛めなので、注文時に味付けを指定しないと本当に辛い料理が出てきます。
奥にはビリヤード台があり、バーカウンターでは衛星TVのスポーツ番組が見れます。
ラグーナホテルからはやや離れた位置にあるので、ホテルまで迎えに来るよう電話で頼むのがいいようです。

黒 ネコ

こんばんは!!
ブラックキャット今度行ってみます!
いい感じだね。
ソンテオタイプの車なら送迎OKなのかな??

ビーチリゾートの所のアロマ?のステーキも美味しそうですね!
シェラトン側は、
ボスの店(前の店名:アンダマンシーフード)が関所になっているから(笑)
それ以上どこにも進めないのよ・・・
ビーチリゾートならこっそり行けるから、
次回チャレンジします!
よい情報ありがとう!!

更新楽しみにしてます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phuket.blog6.fc2.com/tb.php/30-f2e78221