FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年プーケット家族旅行 8月23日(火)プーケットタウンでタイヌードル 

2005年プーケット家族旅行 8月23日(火)

家族全員なんとなくゆるゆると起き出してめいめい好きに朝食です。夫と私はBigCで買ってきたパン、長女は朝からカップラーメン、長男は大好きなシリアル。

この日も良いお天気で始まりました。午後12時から3時までアリに
ドライブをお願いしてプーケットタウンで昼食と買い物をする予定だったので、プールでは泳がずに子供達はこの旅行で始めてのキッズクラブへ。いつもはちょっと無愛想なお姉さんがいるのですが、この日はにこにこ愛想の良いお姉さんが一人でした。午前中はヒマなのか、我が家の子供達が一番乗り。

おもちゃも少しリニューアルされたようで、早速子供達は二人で遊び始めました。夫と私はキッズルーム近くのプールサイドでチェアを確保して読書です。とても良いお天気で、時折厚めの雲がかかりますがそれが涼しくてちょうどいいほど。プールは本当に空いていて一組の家族が遊んでいるだけ。皆ツアーにでも行ってしまったのかねぇなどと話しながらのんびりしました。

23日の青空

時間がきたのでキッズルームを引き上げてロビーへ。相変わらず時間ぴったりにお迎えのアリです。去年も一緒に食べたヌードルのお店ね!と早速出発。到着したのは昼食時のピークの12時半でしたが幸いお店は空いていてアリも含めて5人で座ることができました。子供達はケンタッキーのチキンのほうがいい・・・というので大人だけささっと麺を平らげました。ここは本当においしいです・・・。

ワンタン入りがおいしい!

ひっきりなしにお客さんが

               
ロビンソンデパートをちょっと見たかったのでアリとは一時間後に待ち合わせにして急いでロビンソンへ。夫が子供達に昼食を食べさせている間に、いつもロビンソンで購入していたチョコレートを探したのですが、ショックなことにもう置いていませんでした。 残念ですが気を取り直して今度はおいしいと評判のカオマンガイ屋さんに駆け込み、夕飯用にカオマンガイとカオカームーデーン(焼き豚のせご飯)をテイクアウト。35バーツほどでチキンスープまでついていておいしそう!お店もとっても繁盛していました。

タウンのカオマンガイ屋さん
お昼時は大忙し


まだ食べるのかい!という感じですが今度は絶対に外せない福建麺のお店へ。ここも昨年感動しながら食べたお店です。長女ここでショーケースに入っているケーキに惹かれたらしくひとつオーダーし、夫と私で一杯ずつささっと名物の福建麺を食べて満足しました。一年に一回しか食べられないのがツライ!お会計が110バーツ。福建麺は一人前35バーツ、ケーキのほうが高くて40バーツなのでした。

お店のお姉さんもお昼ご飯
夢にまでみた福建麺


 30分以上かけて食べに来る価値あり!とおもう昼食を終えて、またまたジムトンプソンアウトレットへということで昨年もどっさり買い物をしたCourtyardへ向かいました。カナルビレッジとはまた少し品揃えが異なっていたりして楽しく、またもあれこれお買い物。長男はここで自分のTシャツと同じ柄の象のぬいぐるみを見つけて離さなくなってしまったのでお買い上げ。帰国後も一緒に寝ています。

ジムトンプソンの象のぬいぐるみ


アリは3時過ぎから別の仕事があるとのことなので急いでホテルに戻ります。駆け足でしたが目的は達成して満足でした。買い物中もずっと良い天気だったこの日。まだ今回一度も行っていないビーチのマッサージに行こう!ということで出かけました。長女のみつあみ10本と二人分のマッサージで1000バーツでOKしてもらいしばし至福のとき・・・。子供達は頭から砂をかぶるほど夢中で砂遊びをしていました。

シェラトンビーチのマッサージ


マッサージを終えるとそろそろカクテルの時間かという頃だったので、砂を落としてプールサイドへ。ここでちょうどMさんご一家と合流できたので初めてゆっくりカクテルを飲みながらおしゃべりすることができました。

カクテルサービスのおつまみ


ありがたいことに子供達はたちまち仲良くなって一緒にプールでおおはしゃぎ。おかげで時間を忘れるほどいろいろとお話することができました。カクテルが供されるレストランがディナータイムの準備に入ってしまったので、名残惜しかったのですが部屋に引き上げることにして、翌朝またプールで遊ぼう!と子供達は約束を交わして別れました。夜も更けてからお腹が空いた子供達はルームサービスでハンバーガーとパスタをオーダー。私は昼間買ってきたカオマンガイに感動しながらこの日は終了しました。

カオマンガイに焼き豚ものせて


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phuket.blog6.fc2.com/tb.php/29-c6e77771

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。