FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年プーケット家族旅行 8月20日(土) 暑いプーケットに到着 

2005年プーケット家族旅行 8月20日(土)

前夜就寝したのは午前3時頃だったにも関わらず、なぜか8時近くに長男ともども目が覚めてしまいました。夫はまだ起きそうに無いので、散歩がてらホテルの前のショッピングセンター Parkway paradeの中のYa Kunにカヤトーストを食べに出かけました。このカヤトースト、息子も大好きです。二人で一個のカヤトーストとアイスコピを分け合っているとお店のおばちゃんが、「この子はコピなんて飲んでいるよ!」とでも言いたげに笑っていました。普段からコーヒー牛乳が大好きな息子は、甘い甘いアイスコピもお気に入りなのです・・・。
ホテルに戻る途中に子供のプレイグランドを見つけたので少し遊んでから部屋に戻りました。

朝からプレイグラウンド発見!

 今度はホテルの朝食です。このGrand Mercure Roxy Hotel、朝食を取るレストランの一角には小さなキッズルームがあったので長男が遊んでいる間に夫がゆっくり朝食を取り終え、といよいよ長女を迎えに友人宅へタクシーで向かいます。宿泊しているホテルから友人宅までは10分ほどの距離で料金も6ドルちょっと。3週間ぶりの長女との再会ですが、友人宅でまるで本当の家族同様に仲良くしてもらっていた娘は、ホームシックにかかるどころか名残惜しそうにしているほどで、親としてはなんだか拍子抜けしてしまいました。毎日毎日コンドミニアムのプールで泳いでいたということで真っ黒に日焼けしていて元気そうでした。

コンドミニアムで友達と  
     
 SingaporeからPhuketまではわずか1時間45分のフライトですが、一応国際線ということもあり2時間前に空港に着いているようにしたかったため、お別れもそこそこに友人宅を辞去して空港へ。シルクエアのカウンターはがらがらであっという間にチェックインすることができました。出国も全く並ばずすいすいと進み、ショッピングエリアでおもちゃを見たりして時間をつぶし、搭乗口まで行ってみると754便は少し遅れるとの案内がありました。ちょっとがっかりしましたが子供はプレイグランドで遊びたいと言うので、搭乗口から少しもどってしばらく遊ばせました。ジャングルジムのようなマクドナルドなどでよく見かける遊具なので、結構身体を目一杯動かして遊びます。冷房の効いた空港でも汗をかくほど遊んだ頃にようやく搭乗開始。結局40分ほど遅れての離陸となりました。
チャンギ空港の遊具


このSingapore-Phuket間のフライトは結構揺れました。シートベルト着用サインが消えることがほとんどなかったような印象です。その揺れの中、しかも飛行時間は2時間もないのに飲み物と昼食のサービスまでしてくれて、しかも皆とっても綺麗な方ばかりのシルクエアのFAはスゴイなぁといつも感心します。昼食は今年は昨年のサンドイッチと違ってきちんとトレイでサーブされ、チキンとパスタが選べました。一応チキンをお願いしましたが全く空腹ではなかったのでほとんどそのままお返ししてしまいました。

 曇り空のPhuketに到着して入国審査の列に並んだのが現地時間の14:55。到着してしまえば余り遅れはなかったような印象でした。
 さてさて恒例の入国審査の大行列。今年も並んでます。やっぱりカウンターは半分しか開いてません。これさえなければなぁ・・・とは思いますが、ここで並んでおくと荷物は全部出揃った状態でピックアップできるので、まぁいいかという心境になってきました。これぞ郷に入っては郷に従えってことでしょうか(なんか違う気が・・・)。
並びながら交代でトイレに行ったりしてようやく終了。荷物を全てカートに乗せて時計を見ると15:40になっていました。やっぱりちょっと長すぎです~。
 気を取り直し外へ出ると、さきほどの曇天から結構よいお天気に変わっており日差しがまぶしく感じられました。子供達も「これなら着いてすぐにプールに入れる?」とウキウキしています。今年こそは!と昨年乗らなかったメータータクシーの乗り場に一直線に向かいます。
乗り場ではちゃんと係りの人もいて行き先を確認したあとに料金の説明「シェラトンまではメーター料金プラスなんとかかんとかで合計300バーツくらい」と教えてくれました。
ドライバーさんは英語がほとんどダメな風でニコニコしているだけ。ホテルから電話で頼んだら迎えに来てくれる?と質問してみましたが全然英語が通じませんでした。残念。

Phuketのメータータクシー初乗車


スムーズにラグーナエリアに入ったものの、シェラトンの前を通り過ぎてしまいまた引き返したりして(実はシェラトンには来たことがないんだ・・・とあとで告白してました)、本当にメーター料金はほぼ200バーツ。これに空港待機のチャージがかかるそうで合計300バーツ支払いました。空港リムジンですと450バーツなので150バーツの節約にすぎないのですが、楽しい経験でした。でもこのメータータクシー、やっぱり明朗会計というのはいいと思います。気軽にプーケットタウンなどで拾えると、もっと行動派範囲が広がって観光客にはありがたいと思いますが、いろいろ難しいんでしょうね。

 フロントでチェックインをお願いすると今年もジャスミンとデンファレの小さな花輪を頂きました。今年はウェルカムドリンクはなし。チェックインをしてくれるスタッフを待っていると、ちょうどそこでTGの直行便で到着したばかりのMさんご一家とお会いすることができました。ふとしたご縁で知り合ったMさん。ちょうど同日にシェラトンに宿泊されるということが判り、出発前にいろいろと情報交換をしてすっかり意気投合していました。お会いするのは初めてだったのですが、初めてとは思えないほど親しみを覚えてしまい、これからの毎日が楽しみになりました。  
 Mさんご一家との挨拶後、チェックイン手続のため電動カートで部屋に向かいます。チェックインをしてくれるスタッフは昨年もお世話になった方でした。彼は津波のとき、夜間のシフトだったためちょうど寝ていたところだそうで、何も気づかなかったんだ~と話していました。
スタッフや宿泊客の誰も失わなくて本当に良かったと言っていました。この8月はホテルはフル稼働で大忙しだし、日本人の宿泊客もとっても多いよ、との言葉にほっとしました。

電動カートで部屋へGO!


毎度おなじみの部屋なので、チェックインはすぐ終了。この時点でもうすぐ5時という時間でしたが、まだ明るいので子供達はプールの支度をして飛び出していってしまいました。
初日の買い物がまだこれから控えているということもあり、私と夫はプールサイドの近くに座って子供達を横目で見ながら一杯だけカクテルアワーの飲み物を飲んで部屋に戻りました。
 毎年ドライブをお願いしているアリには、日本から出発直前に連絡しておきました。津波で彼の仕事や家族に何か変わりはなかったか心配でしたが、ドライバーの仕事はまだ続けていると確認していたので安心はしていましたが、無事にこの日再会することができました。昨年会った娘さんのナスワも元気とのことでほっとしました。この日はおなじみLOTUSに向かい、例年通りビール、水、おつまみ、フルーツ、子供の水着などなど買い込みました。虫刺されの薬なども購入。2階にあるフードコートで食事をしましたが、ここは小奇麗でとても美味しかったです。

LOTUSのフードコートで夕飯


ラーメンやカオマンガイ、チャーハン、娘はお寿司があったので大喜び。おいしいおいしいと食べていました。このお寿司が高くて160バーツだったのですが、他はどれも30バーツほど。全部で300バーツのクーポンでおつりがくるくらいでした。スーパーのフードコートで充分美味しいんだもんねぇと、プーケット初めての夕飯は我が家らしく終了しました。アリとは帰りの車の中で今後一週間の滞在中まとめてチャーターさせてもらうことで交渉成立。部屋に戻って買ってきた枝豆などでビールを飲んで一日目は終了しました。

コメント

サイトに遊びに来てくださってありがとうございます(^▽^)
娘さんサマースクールに行かれたんですね。
うらやましい…(←私が行きたい)
娘も興味を持ったら行かせてあげられるように、今から準備しておかなくてはっ!
と気合十分な私ですが、肝心な娘はまだ一歳…
うちはまだ当分先の話ですが、記事楽しみにしています★

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phuket.blog6.fc2.com/tb.php/26-d789c445

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。