fc2ブログ

車椅子での旅行は行く気があれば大丈夫 

車椅子での旅行は行く気があれば大丈夫

少し体調が悪かった両親は、最初突然のシンガポール旅行の誘いに必ずしも乗る気ではありませんでしたが、孫と一緒に出かける海外旅行とあって、だんだんその気になりました。最初心配した体調不良も、行く気になってだんだんと回復。出発前までに体調は前以上に良くなって、無事成田まで車で到着しました。
今回は、初めて利用したフレンドパーキングは、これまで利用した送迎システムのあるパーキングサービスの中では一番安かったのですが、送迎の際の荷物の出し入れも手伝ってくれて、しかも500円の追加料金で手洗い洗車もしてくれ、とても満足いくものでした。料金だけみても昨年利用したパーキングよりも2000円ほど安価でした。

friendparking.jpg

今回の旅行は下記のような日程となりました。

旅行前:GSM携帯電話の購入。
4月29日:3世代でシンガポール旅行開始。
4月29日:成田からシンガポールへ深夜ホテルに到着。夜食にナシゴレン他。
4月30日:ホテルで朝食午後タングリンモールで買出しと両替など。夕食はRegentのコンシヤージュに探してもらったラッフルズホテル近くのタイレストランへ。
5月 1日:午前中は両親を連れて知られざる名所バトルボックスへ。携帯電話でタクシーを呼んでホテルに帰還。午後はWild Wild Wetプールと友人宅へ 両親はホテルでのんびり 夕食はタングリンモールの中のDon's Noodle Bistroでナシゴレンなど。
5月 2日:サンテックシティモールへ。携帯電話の1台が不通になっため、携帯ショップでSIMカードを再チャージ。午後ホテルのプールで少し遊んだあと、友人と共にイーストコーストシーフードセンターで夕食 両親はタングリンモールへ
5月 3日:全員でチャイナタウンへ。地下鉄MRT乗車して車窓を楽しむ。子供達はトイザラス、母と娘でリージェントのハイティー。夜はタクシーでナイトサファリ・ツアー
5月 4日:朝は友人の紹介で、娘の英会話スクール見学に。午後にリージェントのプールが閉鎖のため、気を利かしてくれたコンシヤージュの手配でトレーダーズ・ホテルのプールへ。夕方にはDuckツアーで思わぬハプニングに遭遇。最後の締めはトレーダーホテルの有名は AH HOI'S レストランで3世代家族全員で夕食。再びブラックペパー・クラブを味見。
5月5日:午前5時にホテルを出て、5時30分前にチャンギ国際空港に到着。UAにチェックインして、午後3時前に成田着。成田ではハンディキャップ用の特製バスに乗車。 続きはRead more で。







上記のハンディキャップ用の特製バスの乗車は、めったに乗れるバスではありませんが、今回飛行機の着陸がゲートから離れていたため、入国ゲートまでバスでの移動となりました。

IMGP1442.jpg


ハンディキャップの乗車客は最後の飛行機を降りることとなりますので、全員が降りたところでこの特製バスが、飛行機の出口とは反対側の非常口を開けて、降車口が上昇して機体につけてきました。

IMGP1444.jpg


ドアが開くと、スライド通路が準備され、そのまま車椅子でバスで移動できますが、父親はがんばって歩いて移動しました。バスの中ではすでに先客のアメリカ人カップルが待っていました。

IMGP1449.jpg


降りるときは乗るときの逆の順序で、人間が先に降りて、車椅子は最後に降ろしました。なかなか貴重な体験でした。職員の皆様ありがとうございました。

IMGP1456.jpg


バスを降りてから係りの人が、出国するまで(税関を出るところ)車椅子を押してくれました。全てエレベータを使って出口までたどり着きますので、係りの人の手際よさも手伝って、GW最中の帰国にもかかわらず、非常にスムーズに出口に到着しました。

IMGP1457UP.jpg

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://phuket.blog6.fc2.com/tb.php/22-cb3ec90b